Logo

労働慣行 労働慣行

ダイバーシティ/雇用の多様性


ダイバーシティ/雇用の多様性

三越伊勢丹グループでは、性別や雇用形態に関わらず、すべての従業員が活躍できる基盤の構築を進め、多様な人材が能力を発揮する環境づくりに取り組んでいます。

Contents

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

ダイバーシティの取組み

●経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」に選出
  • 三越伊勢丹は、経済産業省による「平成27年度 ダイバーシティ経営企業100選」に選出されました。
    「ダイバーシティ経営企業100選」は、ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を選定・表彰する制度です。三越伊勢丹が推進している「契約社員の正社員転換などを通じた女性の活躍の場の拡大」や、「知的障がい者の能力を活かした業務の切り出しによる効率化の実現」などが評価され、選出されました。

    ※「ダイバーシティ経営」とは、多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営のこと

  • ダイバーシティ経営企業100選

関連リンク
ダイバーシティ経営企業100選新しいウィンドウで開く

●日本生産性本部「女性活躍パワーアップ大賞」優秀賞受賞

公益財団法人日本生産性本部が主催する「女性活躍パワーアップ大賞」は、女性活躍に向けた優れた取組みを表彰・周知することで、女性活躍推進および組織の生産性向上につなげることを目的に設けられました。2016年2月、三越伊勢丹は、公平な登用・昇格機会やキャリア面談実施で、社員転換や昇格試験にチャレンジする女性が増加したことが評価され、百貨店では初となる「女性活躍パワーアップ大賞」優秀賞を受賞しました。

関連リンク
三越伊勢丹ホールディングスプレスリリース(2016年2月19日)PDF新しいウィンドウで開く
日本生産性本部プレスリリース(2016年2月17日)PDF新しいウィンドウで開く

●厚生労働省 女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定企業に認定
  • 2016年4月1日に全面施行された女性活躍推進法では、一般事業主行動計画の策定および策定した旨の届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業について、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度が創設されています。女性の職業生活における活躍の状況に関する実績に係る基準をもとに(1)採用、(2)継続就業、(3)労働時間等の働き方、(4)管理職比率、(5)多様なキャリアコース、以上5つの基準の評価により3段階の認定を受けることができます。
    三越伊勢丹グループは「三越伊勢丹グループで働く従業員が持てる力を最大限に引出し、伸ばしていける体制づくりを行う」ことをグループ人事ビジョンに掲げ、「従業員一人ひとりが個人として尊重され、三越伊勢丹グループで働くことに夢と誇りを感じている状態」の実現に向け、「多様な人材の活躍推進」「子育てサポート」「人材育成」など、さまざまな取組みを行っています。
    こうした取組みの中、2016年10月26日付で、厚生労働大臣の認定を受けました。この制度は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づいて届け出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性の活躍推進に関する取組み状況などが優良な企業が認定されるもので、三越伊勢丹は3段階中2段階目の認定を取得しました。

  • 厚生労働省 女性活躍推進法に基づく「えるぼし」
●内閣府 女性が輝く先進企業2018「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」を受賞
  • 株式会社三越伊勢丹は2018年度「女性が輝く先進企業表彰」において、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰を2018年12月17日に受賞しました。
    「女性が輝く先進企業表彰」は、女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、役員・管理職への女性の登用に関する方針、取組及び実績並びにそれらの情報開示において顕著な功績があった企業を表彰するもので、「女性が輝く社会」の実現に寄与することを目的としています。三越伊勢丹グループは「人と時代をつなぐ三越伊勢丹グループ」として、従業員一人ひとりが個人として尊重され、当グループで働くことに夢と誇りを感じられることを目指しています。特にパートタイマーを含む全従業員に占める女性比率が70%、お客さまも女性が多いことから、女性のさらなる活躍が企業の成長につながると捉え、積極的な登用・転換の拡大や、ワーク・ライフ・バランスの 取組みを進めてきました。

  • 内閣府 女性が輝く先進企業2018「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」を受賞

関連リンク
三越伊勢丹ホールディングスプレスリリースPDF新しいウィンドウで開く
内閣府男女共同参画局ホームページ新しいウィンドウで開く

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD グループ総務部人事DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

女性の活躍推進

三越伊勢丹グループは、お客さまに対する深い感動の提供をめざしています。そのために何よりも大切なことは、お客さまとの接点であるスタイリスト(販売員)をはじめとする従業員(男女問わず)が、やりがいを持ちモチベーション高く働ける環境づくりです。
三越伊勢丹においては、全従業員に占める女性比率が70%、お客さまも女性が中心であることから、女性のさらなる活躍が企業の成長につながると捉え、次のように事業主行動計画を定め、積極的な登用・転換の拡大や、ワーク・ライフ・バランスの取組みを進めています。

女性活躍推進法に基づく「事業主行動計画」
  • 女性活躍推進法に基づく「事業主行動計画」
  •  

※クリックすると拡大画像がご覧になれます。
※こちらの内容は2019年4月末時点の内容です。

関連リンク
厚生労働省 女性の活躍推進企業データベース新しいウィンドウで開く

●三越伊勢丹における女性の登用・配置状況(2019年4月現在)
指標 女性比率 女性の人数
従業員構成 社員 56% 2,749人
全従業員(契約社員含む) 72% 7,469人
管理職構成 25% 578人
(うち執行役員2人)
管理職昇格者構成 32% 22人
(全昇格者数69人)
管理職の主要
ラインポスト構成
販売系(マネージャー) 18% 46人
商品系(バイヤー) 21% 57人
新卒採用 社員 59% 20人
領域・勤務地限定社員 90% 47人
●メイト社員(領域・勤務地限定社員)の無期雇用化

メイト社員は約9割が女性で、百貨店の店頭販売という大きな役割を担っています。お客さまにより上質なサービスを提供することを目指し、店頭のスタイリストの働く環境のさらなる改善のため、2016年4月以降、メイト社員を入社初年度より無期雇用としました。安心して長く働ける環境を整えることにより、おもてなしの心と豊富な販売知識で、お客さまのご期待に高いレベルで応えることができる人材の育成を進めていきます。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD グループ総務部人事DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

百貨店とグループ会社の付帯業務を担う三越伊勢丹ソレイユ

Theme thumb %e5%8f%97%e8%b3%9e%e5%86%99%e7%9c%9f

小池 百合子 東京都知事(左)より表彰状を授与された三越伊勢丹ソレイユ 社長 (右)

Theme thumb %e3%82%bd%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%a6%e7%a5%9e%e5%b1%b1%e3%81%95%e3%82%93

写真③

百貨店店頭での接客には、多くの付帯業務が発生します。ギフト用ラッピングの袋づくりや箱の組み立て、リボンシール貼り、伝票へのショップスタンプの押印など多岐にわたる付帯業務は、スタイリスト(販売員)が接客に専念する時間を圧迫してきました。
そこで、手作業による単純反復作業に高度な能力を発揮する知的障がい者が主体となって、これらの業務を担う特例子会社(株)伊勢丹ソレイユ※1を2004年に設立しました。現在、企業就労は難しいと言われている重度知的障がい者83人を中心に、96人の障がい者が在籍※2しています。店頭では1カ月約4,000~4,500時間相当の業務削減となり、大切な販売支援戦力となっています。
また、近年三越伊勢丹グループが取り組んでいる構造改革に対応するため、名刺作成や印刷業務など、百貨店店頭業務以外の付帯業務にも力を入れています。

※1 同社は三越と伊勢丹の統合に伴い、2011年3月に三越伊勢丹ソレイユとなりました。
※2 2019年6月1日現在の三越伊勢丹グループの障がい者雇用率は2.56%です。

  • ソレイユでの付帯業務ソレイユでのリボン作成
  • お買場のリクエスト通りにつくられたリボンお買場のリクエスト通りにつくられたリボン
TOPICS
  • 2017年10月、三越伊勢丹ソレイユは障害者雇用において特色ある優れた取組みが評価され、東京都産業労働局が主催する「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」を受賞し、東京都知事より表彰されました。

    ※障害者雇用エクセレントカンパニー賞とは…障害者の能力開発や処遇改善を積極的に行う障害者法定雇用率を達成している都内企業を表彰する東京都独自の制度です。障害者が職場で活躍できる環境整備の促進、障害者雇用に関する周知啓発を目的にしています。

  • 小池 百合子 東京都知事(左)より表彰状を授与された三越伊勢丹ソレイユ 社長(右)小池 百合子 東京都知事(左)より表彰状を授与された三越伊勢丹ソレイユ前社長(右)
TOPICS
  • 2017年12月の「障がい者週間」に合わせ、天皇皇后両陛下(当時)が同社を行幸啓されました。両陛下は障がいのある従業員に話しかけるなど、ご熱心に仕事ぶりをご覧になりました。

  • 行幸啓の様子行幸啓の様子
Voice
神山 直己 さん
  • 三越伊勢丹ソレイユ
  • 代表取締役社長
  • 神山 直己 さん

~障がい者を企業戦力へ~
弊社は、主に知的障がい者の特異な能力を引き出し活用して、三越伊勢丹グループ会社の付帯業務(人の手でしかできない仕事)を請け負っている会社です。
2004年当時、伊勢丹の郵便物仕分けや名刺作成、書類印刷等を請け負っていた新宿事務センターを母体として設立。2005年1月に障がい者10名と指導員2名で新たに落合センターを開設し、百貨店の店頭販売における付帯業務の請け負いをスタートしました。
すぐに障がい者の作業能力の高さが認知され、百貨店の付帯業務の依頼が年々増加し、15年の時を経て障がい者が約100名の規模にまで拡大しました。
三越伊勢丹グループ全体で従業員それぞれの特性を生かした適材適所によるワークシェアリングを実現し、障がいを持った社員は、精度の高い付帯業務を行いグループ会社に貢献することで、やりがいと誇りを感じることができ、グループ会社の従業員は、付帯業務の軽減によって生まれた時間を販売サービスや新たな価値創造(クリエーション)の仕事に注力することで、生産性と収益力を上げていくという、Win-Winの関係を築いてきました。
ユニバーサル社会の観点からも、企業に課せられた障がい者雇用義務を果たすことだけでなく、三越伊勢丹グループ、そして社会にとって 「なくてはならない存在」 になれるよう障がいのある社員とともに進化し続けてまいります。

三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部人事DIV