Logo

環境 環境

環境に配慮した商品・サービス

環境に配慮した商品・サービス

三越伊勢丹グループでは、サスティナブルな社会をめざし、自然を想い、人と環境に優しい商品・サービスをご提供しています。

Contents

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

サステナブルな商品提案

Theme thumb ncloudy%e5%a4%96%e8%a6%b3

写真1

Theme thumb n%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%84%e7%b5%9e%e3%82%8a

Theme thumb n%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%ef%bc%91

●伊勢丹新宿本店
  • 2019年5月、伊勢丹新宿本店本館3階ではアフリカへの社会貢献にも務めているファッションブランド<CLOUDY>が4回目となる出店をしました。同ブランドのファッションとサステナブルを融合させ取り組む姿勢に共感し、毎年5月にご紹介しています。

  • CLOUDY
  • <CLOUDY>代表の銅冶勇人さん

    <CLOUDY>はアフリカの貧困や教育、雇用問題と向き合い、売上金の一部をアフリカへの寄付に繋げているほか、現在ガーナやケニアに5つの工場を構え、およそ400名の現地雇用を創出しています。

  • CLOUDY
●三越日本橋本店

2019年5月、三越日本橋本店の食品フロアでは「食にまつわる循環」をテーマとした催事<フード・サーキュレーション>を開催。環境に負荷がかからないライフスタイルを企業や個人に提案している「530week(ゴミゼロウィーク)」と一緒に、お客さまが気軽にすぐにでも行動に移せるようなことは何かを考え、「環境のことを考えた作り手の強い思いのあるショップ」を複数店舗ご紹介しました。

  • 搾りたてピーナツバターが人気の<BULK FOODS>では容器は別売り。
    出店ショップのコラボレーションメニューもイートインに登場。ショップ同士のつながりでも「循環」を表現しています。

  • BULK FOODS
  • <アタラシイヒモノ>と<ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー>のコラボレーションサンド

  • <アタラシイヒモノ>と<ブリコラージュ ブレッド アンド カンパニー>のコラボレーションサンド
  • お客さまに作り手の思いやサーキュレーションについて伝えるため、社員たちも何度も勉強会を実施しました

  • 勉強会
  • <日本橋食品・レストラン営業部 プロモーション担当アシスタントマーチャンダイザー> 後藤 由梨花さん

    お客さまが地球環境を考えるきっかけを、食で一番大切な「美味しい」という切り口からご提案し、身近な問題として捉えていただけるように心がけました。実際に普段よりも幅広い顧客層へのアプローチができ、「考えて(ながら)食べる」という食の新しい楽しみ方への関心の高さを感じました。

  • 後藤 由梨花さん
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV