Logo

環境 環境

省資源

省資源

三越伊勢丹グループでは、お客さまやお取組先などステークホルダーの皆さまとともに省資源の取り組みを行っています。百貨店業のなかで特に課題となる包装材の削減についても、お客さまにご理解とご協力をいただきながら日々推進しています。

Contents

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

「スマートラッピング」の推進

Theme thumb 1006 %e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcb3%e7%89%88%e4%b8%8ba

スマートラッピングポスター

Theme thumb img 20180403 134915

三越ショッピングバッグ①

Theme thumb img 20180403 135007

三越ショッピングバッグ②

Theme thumb pop

写真2 エコ包装レーンのご案内

  • 三越伊勢丹グループ各店では、包装材削減のため、お客さまのご用途にあった包装をお選びいただく「スマートラッピング」を推進しています。簡易包装やご自宅使いのノー包装、また手付き袋へのおまとめなど、店内放送やポスター、お声掛けでお客さまにご協力をお願いしています。

  • スマートラッピングポスタースマートラッピングポスター

伊勢丹新宿本店食品でのエコ包装レーン

伊勢丹新宿本店地下1階食品シェフズマーケットでは、①お客さまをレジでお待たせしない ②容器包装削減による省資源・環境配慮を目的に、2018年10月より、集中レジの半分を「エコ包装レーン」に切り替えました。
これにより、ショーレックス(食品用薄いビニール)、保冷剤などの包装材を削減することができました。
お客さまからは、レジのお待たせ時間短縮によるご不満の解消とともに、エコバッグのご持参が増えています。「今まで過剰すぎたのよ」「これくらいで十分。」「エコバッグ持って来たわ。」など、評価のお声も多くいただいています。

  • 食品フロアの集中レジの様子 食品フロアの集中レジの様子
  • エコ包装レーンのご案内 エコ包装レーンのご案内
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

ショッピングバッグや業界統一「スマート・クール・バッグ」を販売

Theme thumb %e7%99%be%e8%b2%a8%e5%ba%97%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b02019

写真2 2019年のスマートクールバッグ

エコバッグの販売

三越伊勢丹各店舗ではオリジナルのエコバッグを販売、売上の一部は各自治体などへ寄付し、環境保全活動に役立てています。

■三越マイバッグ

2018年3月に販売を終了した「三越マイバッグ」は、2007年より販売。2015・2016年度合計販売枚数4,340枚に対し寄付金額86,800円(1枚当り20円)を公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWF)へ寄付を行いました。寄付金累計額は153万円になります。
2018年6月からは、新三越ショッピングバッグを販売しています。

  • 新三越ショッピングバッグ
  • 新三越ショッピングバッグ

新三越ショッピングバッグ

  • 三越マイバッグ (現在は販売終了)三越マイバッグ (現在は販売終了)
  •  
■伊勢丹ショッピングバッグ
  • 2002年より販売。2年に1度、売上の一部を店舗所在地の環境行政に役立てていただけるよう、各自治体へ寄付しています。2017年度の寄付金額は、2015・2016年に販売した17,850枚に対して1枚当り約40円、総額70万円を新宿区など各店舗所在地の自治体に寄付しました。累計額は920万円です。

  • 伊勢丹ショッピングバッグ
■スマート・クール・バッグ
  • 日本百貨店協会では、全国の百貨店で容器包装削減を目的に2008年より「スマート・クール・バッグ」を販売し、環境にやさしいお買物「スマートラッピング」を呼び掛けており、三越伊勢丹グループ全店でも販売しています。
    2018年の「スマート・クール・バッグ」は、保冷・折りたたみタイプで、デザインは2種類。売上の一部は、(1)地球温暖化防止のため福島県の森を育てる「喜多方市森林整備加速化プロジェクト」支援と、(2)平成28年の熊本地震からの復興を支援する「熊本城・阿蘇神社等被災文化財復興支援募金」への寄付に役立てられました。三越伊勢丹グループ全店販売しました。

  • 2018年のスマートクールバッグ2018年のスマートクールバッグ

2019年の「スマート・クール・バッグ」はトート型で5月より販売しています。売り上げの一部は、異常気象などにより危機的な状況にある沖縄のサンゴ礁を次世代に残すために保全活動に取り組んでいる沖縄県サンゴ礁保全推進協議会と、海洋ごみ問題の解決を目指して、クリーンアップだけではなく集めたごみの調査や、プラスチックによる海洋汚染についての啓発、環境教育などに取り組んでいる一般社団法人JEANへの活動に寄付されます。

  • 2019年のスマートクールバッグ
  • 2019年のスマートクールバッグ

2019年のスマートクールバッグ

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプラDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

クイーンズ伊勢丹でプラスチックリサイクル実施

Theme thumb main

写真1

  • 2018年12月より、クイーンズ伊勢丹の一部店舗で使用済みペットボトルの回収・リサイクル「ボトルtoトレー」を開始しました。 この「ボトルtoトレー」リサイクルは環境保護への取り組みを強化する一環として、洗浄してお持ちいただいた使用済みペットボトルを店頭にて回収し、専用業者にて選別・洗浄・破砕を経てエコトレーとして再利用していくものです。またクイーンズ伊勢丹の物流ルートを活用し配送後の空トラックに積載・運搬することで、物流にかかわるCO2削減にも寄与します。
    今回のペットボトルリサイクルの取り組みを通じて、対象の8店舗においてペットボトル回収率の前年比5%増をめざし、お客さまへのリサイクルの理解と促進を行ってまいります。またペットボトル回収に限らず、今後も積極的に環境対策を進めていくことで、地域社会と連携した循環型社会の実現に努めてまいります。

  • ボトルtoトレー

※これまでも、クイーンズ伊勢丹では環境負荷を軽減する取り組みとして、下記を進めています。
①資源の回収・再利用(食品トレー、牛乳パック、保冷剤等)
②オリジナルエコバックの販売
③レジ袋の使用を辞退されたお客さまへのポイント付与
④一部の店舗・工場での食品残さの再利用

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD グループ総務部総務DIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV