Logo

環境 環境

リスクマネジメント

フロン排出抑制法・アスベスト除去への対応

2015年4月からフロン排出抑制法が全面施行され、第一種特定製品(業務用冷凍・冷蔵・空調機器)の所有者・管理者に、使用中の機器を整備・点検・記録すること、法人単位で一定量を超えたフロン漏えいがあった場合、国に報告することが義務付けられました。
三越伊勢丹グループでは、2015年度より(1)使用機器の把握、台帳の作成 (2)簡易点検(3カ月に1回以上)と定期点検の実施、結果の記録・保管 (3)フロン漏えいの場合、修繕、充填、証明書の保管 (4)保有量・漏えい量の集計・報告 (5)機器廃棄の際のフロン類回収を実施しています。

●フロン漏えい量
2015年度 漏えい量 4,235t-CO2
2016年度 漏えい量 4,846t-CO2
2017年度 漏えい量 3,104t-CO2

アスベストが残る既存建物については、適切に封じ込めを行い、定期的に環境調査を行い問題ないことを確認しています。またリモデル時等に随時、除去対応を行っています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

PCB含有廃棄物の処理を積極的に推進

Theme thumb img 20171114 150204

名古屋三越栄店 大型トランス

名古屋三越栄店 大型トランス名古屋三越栄店 大型トランス

三越伊勢丹グループは、「PCB特別措置法」に基づきPCB(ポリ塩化ビフェニル)が絶縁材料として使用されていたPCB含有産業廃棄物(PCBを含む変圧器、蛍光灯用安定器等)の処分を積極的に進めています。
2015~2016年に、これまで運搬・処分方法が確立しておらず伊勢丹新宿本店で長期保管してきた大型変圧器を、公益財団法人産業廃棄物処理振興財団、中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)他の協力を得て、安全な環境で現場解体・搬出処分を実施しました。
2017年度は①札幌丸井三越で廃蛍光灯安定器、②名古屋三越栄店で低濃度PCBを含む大型変圧器を解体処分、③函館丸井今井で低濃度PCBの変圧器を処分しました。

2014年度から4年間で14.3億円をかけて機器の処分を行っており、PCB廃棄物の保有は札幌丸井三越・名古屋栄等4地域のみであることを確認済みです。今後も積極的にその処分を進めていきます。

  • 伊勢丹新宿本店 大型トランス撤去(容量:10,000kVA)伊勢丹新宿本店 大型トランス撤去(容量:10,000kVA)
  • 作業終了後の現場状況作業終了後の現場状況
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部