Logo

Environment 環境

環境リスクマネジメント

フロン排出抑制法・アスベスト除去への対応

2015年4月からフロン排出抑制法が全面施行され、第一種特定製品(業務用冷凍・冷蔵・空調機器)の所有者・管理者に、使用中の機器を整備・点検・記録すること、法人単位で一定量を超えたフロン漏えいがあった場合、国に報告することが義務付けられました。
三越伊勢丹グループでは、2015年度より(1)使用機器の把握、台帳の作成 (2)簡易点検(3カ月に1回以上)と定期点検の実施、結果の記録・保管 (3)フロン漏えいの場合、修繕、充填、証明書の保管 (4)保有量・漏えい量の集計・報告 (5)機器廃棄の際のフロン類回収を実施しています。

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
フロン漏えい量
(t-CO2
4,235 4,846 3,104 3,584 3,614

アスベストが残る既存建物については、適切に封じ込めを行い、定期的に環境調査を行い問題ないことを確認しています。またリモデル時等に随時、除去対応を行っています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務統括部グループ総務部, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV

PCB含有廃棄物の処理を積極的に推進

Theme thumb img 20171114 150204

名古屋三越栄店 大型トランス

Theme thumb %e4%bd%8e%e6%bf%83%e5%ba%a6750kva%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

写真2

  • 三越伊勢丹グループは、「PCB特別措置法」に基づき、PCB(ポリ塩化ビフェニル)が絶縁材料として使用されていたPCB含有産業廃棄物(PCBを含む変圧器、蛍光灯用安定器等)の処分を進めています。
    2019年度は、中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO)他の協力を得て、新宿本店の変圧器の処分、札幌丸井三越で処分に向けた準備を行いました。
    これまで14.3億円をかけて処分を進めてきており、PCBの廃棄物の保有は新宿本店はじめ3地域事業会社のみとなりました。引き続き積極的に処分を進めていきます。

  • 札幌丸井三越物流センターで搬出準備を進めている札幌丸井三越物流センターで搬出準備を進めている
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務統括部グループ総務部, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室広報IRDIV, 三越伊勢丹HD グループ総務部法務コンプライアンス部, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD チーフオフィサー室経営企画DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部