Logo

Corporate Governance コーポレート・ガバナンス

コンプライアンス体制

コンプライアンス体制

コンプライアンスに関する考え方について

  • 当社グループは、グループで働く従業員が、法令をはじめ倫理や社会規範・ルール等を遵守していくために、コンプライアンスを価値観や意識・行動まで根付かせ実践していくことが重要であると考えています。
  • このために、役員および従業員の行動規範として「私たちの考え方」のもと、「企業倫理行動基準」を制定し、全社に浸透を図るとともに、コンプライアンス体制の維持向上に取り組み、社会的信頼の確保を行っています。
  • 従業員には、お客さま・お取組先や従業員同士で遵守すべき法令や倫理行動基準を定めた社内ルールブック『コンプライアンス・ガイドブック』を社内イントラに掲示し、日々の業務における法令遵守の周知徹底を図っています。
  • また、業務遂行の適法性や妥当性を監査するために、独立した部門として内部監査室を設置し、内部統制機能の強化を図っています。

個人情報保護の取り組み

  • 当社グループではお客さまからお預かりする個人情報を適切に管理し、正しく利用するために『プライバシーポリシー』を制定公開し、お客さまの信頼とご期待にお応えてしています。
  • また、プライバシーポリシーに基づき『個人情報取扱規程』を定め、お客さまの個人情報の適切な利用と厳重な保護・管理を行っております。
  • 三越伊勢丹ホールディングス総務部を管掌する取締役が、当社グループの個人情報に関する統括責任者として、当社グループにおける個人情報の保護管理に関する業務を統括します。

インサイダー取引防止体制の整備と運用

  • 当社グループでは社内の未公開の重要な内部情報の取り扱いについて『インサイダー取引防止規程』を定め、情報の厳重な管理と意識向上に向けた取組みを行うことで証券市場やステークホルダーの皆さまから信頼される運用体制の整備と運用を行っています。
    役員をはじめ特定部門に所属している従業員が株式等を売買する際には事前届出を義務付ける等、インサイダー取引の未然防止を図る体制を整備しております。

IRポリシーの制定

  • 当社グループではIR活動(株主様・投資家様への広報活動)において、株主さま・投資家さまのご信頼と共感を得られる企業を目指し『IRポリシー 』を制定・公開し、公平な情報開示やコミュニケーションの充実を図っております。

反贈賄ポリシーの制定

  • 当社グループでは、反贈賄への取り組みを宣言し、『反贈賄ポリシー』を制定・公開しております。日本国内外を問わず、公務員や民間の役職員に対して、不正な利益を得る目的で、金品・供応・便宜その他の利益の供与等を行わないことを定めています。

公正取引を推進するための体制構築と運用

  • 当社グル―プでは、「公正取引に関する指針」を定め、公正かつ自由な競争を堅持し、広く社会に貢献し続ける企業であるために、不当な取引制限等を排除するための体制構築と厳格な運用を推進しております。

反社会的勢力への対応について

  • 当社グループでは、『内部統制システム構築の基本方針』において反社会的勢力との関係遮断、不当要求の拒絶、被害の防止を掲げております。

内部通報窓口の設置と運営

  • 当社グループではグループ内で不当行為等が発生した場合にその事実を速やかに認識し改善していくために『グループホットライン規程』を定めています。社内通報システムとして『グループホットライン』を設置し、当社グループで働く全従業員と当社グループとお取引のあるお取組先の全従業員が社内外の窓口を利用し、内部通報が出来る仕組みを運用しています。

コンプライアンス・ガイドブックの社内イントラ掲示

  • 当社グループでは、新入社員、新任管理職などへの各種研修にコンプライアンスの内容を組み込んでいます。また、全従業員が遵守すべき法令や社会規範を分かりやすくまとめた冊子「コンプライアンス・ガイドブック」を社内イントラに掲示しています。
【記載事例】
・安心、安全な商品提供のために
・個人情報保護
・人権の尊重
・ハラスメントの禁止
・働きやすい職場環境の整備
・インサイダー取引
・反社会的勢力との関係遮断
・贈賄の禁止
・お取組先との公正取引
・知的財産権
・お客さまと従業員の安全の確保
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV