Logo

三越伊勢丹HDのCSR活動 三越伊勢丹HDのCSR活動

三越伊勢丹のCSRの考え方

三越伊勢丹グループのサステナビリティ推進

  •  三越伊勢丹グループサステナビリティ基本方針
  • 社会に対する企業としての責任として、社会のさまざまな課題に向きあい、企業活動を通じてその解決に貢献することで、かかわりのあるすべての人々の豊かな未来と、持続可能な社会の実現に向け役割を果たしていきます。
  • 三越伊勢丹グループ人権方針
  • 三越伊勢丹グループは様々なステークホルダーの人権を尊重し、本方針をグループの全役員・従業員に教育・啓発するとともに、サプライチェーン全体で人権に配慮した事業が行われる様、周知・徹底に努めます。
  • 三越伊勢丹グループ調達方針
  • お取組先様との良好な信頼関係のもと、本方針を共有し、サプライチェーンを通じた地球温暖化対策、生物多様性保全、人権・労働環境への配慮、資源循環等の取組みを推進していくことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
  • 三越伊勢丹グループ環境方針
  • 三越伊勢丹グループは、お客さまをはじめ、かかわりのあるすべての人々と向き合い、人と地球環境が調和する持続可能な社会の実現に向けて、環境保全活動を社会に対する企業としての責任ととらえ、実行していきます。
  • サステナビリティ推進体制(マネジメント体制)
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

企業倫理行動基準

「三越伊勢丹グループ企業倫理行動基準」
 

「三越伊勢丹グループ企業倫理行動基準」は、三越伊勢丹グループで働く一人ひとりが、「私たちの
考え方」を実践するための基盤であり、日々の行動の基準となるものです。

  1. 私たちは、「私たちの考え方」の実践を通して、社会・環境の変化がもたらす様々な課題と向きあい、ステークホルダーに長期的な価値を提供し続けます。
  2. 私たちは、法令や社内諸規程を遵守するとともに、ビジネスマナーを守り、社会規範にそった責任ある行動をします。
  3. 私たちは、お客さまの声に真摯に耳を傾け、信頼と期待にこたえます。お客さまの真のニーズを読み取り、スピードをもって実現することで、より高いご満足を提供します。
  4. 私たちは、多様な人財の新しい視点や発想を活かし、相互に切磋琢磨しながら成長することで、社会・環境の変化に対応できる、柔軟で強い企業をつくります。
  5. 私たちは、株主・投資家の期待に応えるため、適時・適切に情報を開示し、対話力を高めて、透明性の高い企業活動を推進します。
  6. 私たちは、「三越伊勢丹グループ調達方針」に従い、お取組先とは公正で透明な取引を通じた信頼関係を築き、共存・共栄をはかります。
  7. 私たちは、地域・社会の一員として、相互交流を深めて信頼関係を築くとともに、連携して地域・社会の課題解決や活性化に貢献します。
  8. 私たちは、「三越伊勢丹グループ環境方針」に従い、健全で豊かな環境が将来世代に引き継がれるよう、事業と環境との調和に配慮して行動します。
  9. 私たちは、「三越伊勢丹グループ人権方針」に従い、事業を行ううえで関わる様々な人々の権利を尊重し、個人の尊厳に配慮した事業活動を行うよう注意を払います。
  10. 私たちは、会社の有形・無形の資産をルールに従い適正に管理し、業務上の目的のみに活用します。業務上知り得た情報や個人情報についても適切に取り扱います。

2018年11月改訂

運用範囲・適用
  • 三越伊勢丹グループの全役員および全従業員に適用されます。
  • 本基準に反する重大な事態が発生したときには、原因究明と再発防止に努めます。
  • 本基準に反する行為や、違法や不正などの不適切行為を早期に発見し、問題を解決するために内部通報制度を設置しています。
関連リンク
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV

人権方針

「三越伊勢丹グループ人権方針」
 

三越伊勢丹グループは、お客様、従業員、お取組先、地域のコミュニティ等、企業活動を行う上で関わる様々なステークホルダーの人権を尊重します。本方針をグループの全役員・従業員に教育・啓発するとともに、サプライチェーン全体で人権に配慮した事業が行われる様、周知・徹底に努めます。

1. 人権の尊重
私たちは、企業活動に関わる全ての人々の人権、個人の尊厳を尊重します。人権に関わる様々な課題について、私たち一人ひとりが取組むべき課題として考えます。

2. 法令遵守と公正な雇用
私たちは、人権に関する国際的な規範を支持・尊重し、企業活動に関わる国や地域において適用される国際条約、関係法令等を遵守するとともに、適正な雇用と就業条件を守ります。

3. 不当な労働の禁止
私たちは、人権侵害につながる児童労働や強制労働などの不当な労働のない、個人の自発的な意思に基づく健全な労働を守ります。

4. ハラスメントの禁止
私たちは、個人の人格・尊厳を傷つける精神的、肉体的、性的ハラスメントなどの行為を排除し、思いやりのある言動と健全なコミュニケーションを心がけ、信頼関係を築きます。

5. 多様性の尊重
私たちは、多様な価値観を尊重し、お互いの違いに価値を認めて、個々人が能力を発揮できる職場づくり、働き方の改革に努めます。

6. 差別の禁止
私たちは、多様な個性を尊重し、人種・民族・国籍・信条・宗教・性別・性的指向・出身地・年齢・疾病・障がい・雇用形態等による差別や、個人の尊厳を傷つける行為は行わないことを徹底します。

7. 健康の保持・増進
私たちは、従業員一人ひとりが健康への意識を高め、自らの健康を保持・増進できる環境づくりに努めます。

8. 労働安全衛生の確保
私たちは、職場環境に関する法令・社内ルールを守り、風通しが良く、安全で衛生的な労働環境をつくります。

2018年11月制定

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

調達方針

「三越伊勢丹グループ調達方針」
 

1. 法令遵守・公正取引
事業活動を行うおのおのの国・地域において適用される国際条約、および関連する法令等を遵守し、公正で自由な競争に基づく透明で適切な取引を行います。

2. 品質管理
品質管理体制に基づいて常に商品・サービスの品質向上に努めることで、お客さまの安全・安心を確かなものとします。
商品・サービスの品質・安全性にかかわる必要な情報については迅速・正確に開示します。

3. 持続可能性
全世界で共有されたSDGs(持続可能な開発目標)に適応した社会的課題の解決に積極的にチャレンジすることで、地球環境の持続可能性と事業の成長・企業価値の向上との両立を目指します。

4. 生物多様性対応
生物多様性の豊かな恵みを享受し続けるために、国際条約、および関連する法令等を遵守します。違法な取引や漁獲、採集、伐採の排除など生物多様性に配慮した調達にサプライチェーン全体で取り組めるよう努めます。

5. 環境負荷軽減と汚染防止
サプライチェーンを通じた環境負荷の少ない流通システムの構築に努めます。
気候変動緩和のための温室効果ガスの排出量削減や、汚染防止などの実現に努めます。

6. 廃棄物排出抑制と資源循環
持続可能な循環型社会・省資源社会を目指し、サプライチェーン全体での廃棄物の排出抑制と適正処理、資源循環に努めます。
また、水資源の再利用、排水の適正管理にも努めます。

7. 化学物質の排除
国際条約、および関連する法令等で禁止されている化学物質や原材料を使用した商品は、取扱ません。

8. 人権の尊重・不当労働の禁止
事業活動にかかわるすべての人々の人権・個人の尊厳を尊重します。
児童労働や強制労働などの不当な労働のない、個人の自発的な意思に基づいた労働による商品を調達します。

9. 雇用・労働環境・安全衛生
事業活動にかかわるすべての人々が、適正に雇用され、安全で衛生的な労働環境のもとで製造・流通された商品の調達を図ります。

10. 情報管理(秘密情報、個人情報等)
取引を通じて知り得た秘密情報および個人情報が、第三者に漏洩することのないよう適切な情報管理体制を整え、情報の使用は業務目的の達成のために限定します。

11. 知的財産権等の保護
商標権・意匠権・特許権など知的財産権を保有する権利者の権利を尊重するとともに、第三者の知的財産権を侵害するような商品は取扱ません。

12. 反社会的勢力の排除
反社会的勢力とは、取引を行いません。

※この方針は、社会状況の変化や新たな情報に応じて改定いたします。

2018年5月制定

 本調達方針は、2030年に向けて国際社会が一丸となって実現を目指すSDGs(持続可能な開発目標)に積極的に対応する内容となっています。
 また、フードロス抑制、生物多様性保全、物流効率化など百貨店だけでは解決が難しい課題の解決にも、本調達方針の考え方を共有しながらサプライチェーン全体で取り組んで参ります。
 対象は三越伊勢丹グループおよび当社グループが企画・製造する商品の生産にかかわるお取組先様です。その他のグループ百貨店各社のMDのお取組先延べ1万2千社には、すでに郵送にてご通知し、お取組先および生産委託先にも遵守をお願いしています。今後はお取組先へのアンケート調査や工場視察など調達方針の実効性をより高める施策を検討してまいります。

本調達方針の策定と関連するアクション
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV

環境方針

三越伊勢丹グループ環境方針三越伊勢丹グループは、お客さまをはじめ、かかわりのあるすべての人々と向きあい、人と地球環境が調和する持続可能な社会の実現に向けて、環境保全活動を社会に対する企業としての責任ととらえ、実行していきます。

  1. グループにおけるさまざまな事業活動を通じて、地球温暖化防止と環境汚染の予防を中心とした環境負荷軽減に努めます。また、環境に配慮した取組みを行い、心豊かなライフスタイルを提案します。
  2. グループとして地域社会における環境活動に積極的に参加し、地域社会の一員としての役割を果たし、活動の環を広げていきます。
  3. 教育と啓発を通じて、従業員一人ひとりが環境改善の意識をもち、職場に限らず、家庭でも改善活動を実践していきます。またグループとしてもこの活動を支援します。
  4. 関連する法規制を遵守するとともに、必要に応じて、グループ独自の基準を策定し、環境活動を推進します。
  5. 環境活動の推進に際し、現状の評価に基づき実行計画を定め、定期的な結果の検証と公表を行うことで、継続的な改善を図ります。
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

サステナビリティ推進体制(マネジメント体制)

Theme thumb %e4%bd%93%e5%88%b6%e5%9b%b3

※HDS:三越伊勢丹ホールディングス

三越と伊勢丹の経営統合後、2017年度まではISO26000の中核主題に沿った「文化・芸術」「被災地支援」「地域の人々と暮らしの応援」の3分野を中心としたCSR活動に取り組んできました。
環境分野でも、「三越伊勢丹グループ環境委員会」を創設し、「環境方針」のもと省エネ、省資源・3R、生物多様性に配慮したチャリティ・キャンペーン、屋上緑化等の活動を統括・推進してきました。
2018年度からは、ESG(環境/社会/ガバナンス)、SDGs(持続可能な開発目標)の視点を踏まえ、環境対策を含めた従来のCSR活動のマネジメント体制を大幅に見直ししました(下図)。
CEOを議長とする「サステナビリティ推進会議」を創設し、トップのリーダーシップのもと、事業を通じた社会的課題の解決と企業価値向上を両輪とする持続可能な経営を目指します。
従来の「三越伊勢丹グループ環境委員会」は発展的に解消し、その機能を「サステナビリティ推進会議」の下に新たに設置する「サステナビリティ推進部会」に吸収、「営業施策」「環境」「人権・ユニバーサル」を軸とした施策を展開します。

HDS:三越伊勢丹ホールディングス

HDS:三越伊勢丹ホールディングス

具体的には、2018年5月に策定した「三越伊勢丹グループ調達方針」や2018年11月に策定した「三越伊勢丹グループ人権方針」を礎に、サプライチェーンを通じた気候変動対策、生物多様性保全、人権・労働環境への配慮、資源循環等の取組みを推進していくことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

「三越伊勢丹グループ2030年長期目標(仮称)」について

Theme thumb practice img01

三越伊勢丹グループが環境対策で2020年にめざす姿

三越伊勢丹グループでは、中期目標として策定した「三越伊勢丹グループが環境対策で2020年に目指す姿」(下図)でエネルギーと廃棄物の数値目標を設定し、その達成に向けたステップとして「三越伊勢丹グループ環境中期計画(2012-2014)」「同(2015-2017)」を策定し、これを基準に環境対策の各年度計画を策定し、目標管理してきました。数値目標の達成に向けた進捗はおのおの順調です(末尾に進捗状況)。

三越伊勢丹グループが環境対策で2020年にめざす姿

三越伊勢丹グループが環境対策で2020年に目指す姿

引き続き「2020年に三越伊勢丹グループが目指す姿」に基づきエネルギー・廃棄物の削減を図っていきますが、持続可能性追求のシナリオとして、2018年度中に「三越伊勢丹グループ2030年長期目標(仮称)」を策定予定です。今後より高いレベルの目標にチャレンジしてまいります。

長期目標では、パリ協定での政府公約や日本百貨店協会の長期目標(末尾に進捗状況)を上回るCO2削減目標に、当社らしい戦略目標を加えることを検討します。
さらに、グリーン電力証書購入など将来必要となる投資や経費等も明確にすることで、SBT(科学的根拠に基づく目標)認証の取得を目指します。

●中長期目標に対する進捗状況

①「三越伊勢丹グループが環境対策で2020年に目指す姿」の数値目標に対する進捗状況

分野 2020年目標 取組み結果 進捗状況
省エネルギー 「エネルギー消費量原単位(消費量/延床面積×営業時間)」について2010年度を基準年度として2020年度に▲20% 2016年度結果 ▲16.8%
2017年度結果 ▲19.8%
廃棄物 グループの廃棄物リサイクル率について、2020年度には75%を達成 2016年度結果 77.6%
2017年度結果 75.9%

②パリ協定での政府公約に対する進捗状況

分野 2030年目標 取組み結果 進捗状況
省エネルギー 「CO2排出総量」について2013年度を基準年度として2030年度に▲26% 2016年度結果 ▲10.8%
2017年度結果 ▲17.0%
△~×

③日本百貨店協会の2030年目標に対する進捗状況

分野 2030年目標 取組み結果 進捗状況
省エネルギー 「エネルギー消費量原単位(消費量/延床面積×営業時間)」について2013年度を基準年度として2030年度に▲15.7% 2016年度結果 ▲2.4%
2017年度結果 ▲5.9%
△~×
上記の①~③のバウンダリーは、いずれも国内グループ百貨店(恵比寿店を除く)で、海外店、中小型店、サテライト店は除きます。
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部