Logo

コミュニティへの参画及び発展 コミュニティへの参画及び発展

地域の人々と暮らしの応援

地域の人々と暮らしの応援

三越伊勢丹グループは、地域社会の一員として、地域の皆さまとのコミュニケーションのもと、さまざまな活動に取り組んでいます。地域の行政や産業界などと協働した地域に根ざした取組みをはじめ、未来を担うお子さまの育成を願う取組み、女性の生き生きとした暮らしを応援する取組みなど、さまざまな視点から、「百貨店だからできること」を考え、従業員一人ひとりの積極的な参加のもとに実践しています。

Contents

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

地域産業の活性化支援

Theme thumb wz2t

写真1 新潟伊勢丹の常設ショップ

Theme thumb %e3%82%ab%e3%83%af%e3%83%a9

写真3 レストラン内の物販スペースの様子

■新潟三越伊勢丹の取組み

他社様と連携しながら、新潟の新しい地域ブランドの創造を目指しています。

1.「NIIGATA 越品」(2016年~)
  • 開始当初は年4回のキャンペーンでしたが、2017年4月からは新潟伊勢丹の常設ショップで 、新潟のモノ・コトの発信を行っています。

    最新の情報は  こちら新しいウィンドウで開く をご覧ください。

  • 新潟伊勢丹の常設ショップ 新潟伊勢丹の常設ショップ
2.「NIIGATAビジネスアイデアコンテスト」(2016年~)

第四銀行様・北越銀行様・JR東日本新潟支社様との4社主催で、地域資源を活用した商品・サービス開発を目指して実施しています。対象は県内の「学生部門(大学生)」と、「事業者部門(生産者・企業)」で、受賞者には主催企業によるアイデアのブラッシュアップ、コンテンツ開発・マーケティング・販売機会の提供等の支援が行われます。2017年実施のコンテストには前年より約30件多い98件の応募があり、認知度も高まっています。

くわしくは  こちら新しいウィンドウで開く をご覧ください。

3.「NIIGATA みらいプロジェクト」(2017年~)
  • 新潟博報堂様と立ち上げたプロジェクトで、地元の自治体や他社様とタッグを組み、洋菓子開発やグルメ旅観光開発などを手がけてきました。直近では2018年8月に、阿賀野市特産品の飲食・物販施設『瓦テラス』がオープン。阿賀野市特産の安田瓦の窯元がある「瓦ロード」にゆかりのある瓦会社や、製麺会社など4社が設立した「つかさコーポレーション」より依頼を受け、百貨店の小型店づくりのノウハウに総合広告代理店のマーケティング力を駆使し、総事業費約1億5,000万円の事業に携わりました。

    くわしくは  こちら新しいウィンドウで開く をご覧ください。

  • 新潟市内から車で約40分。周辺は、屋根瓦の生産地で有名です 新潟市内から車で約40分。周辺は、屋根瓦の生産地で有名です
  • レストラン内の物販スペースの様子 レストラン内の物販スペースの様子
  • 瓦テラスの外観。建物の外は、オープンカフェがあります 瓦テラスの外観。建物の外は、オープンカフェがあります
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

全国各拠点で地域祭礼に参加

Theme thumb img4657%e6%96%b0%e5%a4%a9%e7%94%ba%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%8f%e9%9a%8a

岩田屋三越メンバーも参加した新天町どんたく隊

Theme thumb %e6%9c%ad%e5%b9%8c%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

活気良く声を出しながらすすきのに向かって練り歩きます

三越伊勢丹グループでは、店舗が所在する地域の人々との触れ合いを大切にしながら、さまざまな地域イベントに積極的に参加するとともに、地域に根ざした社会貢献活動を展開しています。

●岩田屋三越
ゴールデンウィーク中国内最大級の人出を誇る「福岡市民のまつり『博多どんたく港まつり』」:5月3日・4日
  • 例年約200を超える団体が参加する華やかなパレードに加え、市内約40カ所に設置された演舞台で500以上の団体がさまざまなパフォーマンスを披露する大規模イベントです。岩田屋三越も毎年、パレード参加や新入社員による演舞台でのパフォーマンスを披露しています。
    また、新天町どんたく隊にも岩田屋三越メンバーが参加し、地域の商業施設の皆様とともに「博多どんたく港まつり」を盛り上げています。

  • 新天町どんたく隊に岩田屋三越メンバーも参加 新天町どんたく隊に岩田屋三越メンバーも参加
●伊勢丹浦和店「うらわ祭り神輿渡御」「高一祭り」:7月19日・20日
  • 店内を練り歩く名物の女神輿では、大きな掛け声とともに多くの担ぎ手が繰り出し、地域の繁栄と皆さんの健康を祈って熱く盛り上がりました。

  • 店舗前での神輿の様子 店舗前での神輿の様子
●札幌 北海道神輿協議会加盟の20會が主催する「北海道祭」:2018年8月4日(土)
  • 「北海道祭」は、神様の御霊(みたま)を7基の神輿に乗せ、大通・狸小路・すすきのを渡御するお祭りです。にぎやかに威勢良く神輿を揺らして練り歩くスタイルが特徴です。札幌丸井三越からは約120人の従業員が参加しました。

  • 活気良く声を出しながらすすきのに向かって練り歩きます 活気良く声を出しながらすすきのに向かって練り歩きます
●仙台 金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)の祭典:8月26日(日)
  • 商売繁昌、海上安全、金運円満の神として信仰される金蛇水神社(本社は宮城県南部岩沼市)の分霊社の一つ、一番町分霊社が仙台三越定禅寺通り館の脇にあります。祭典には、三基の神輿が渡御し、約3時間半かけて仙台三越前から仙台駅前までを往復し、商店街を練り歩きました。

  • 女神輿 女神輿
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

「ピンクリボンキャンペーン」をグループ全体に拡大

Theme thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%a9%8b%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%af

写真①

Theme thumb %e9%ab%98%e6%9d%be%e6%9c%ac%e9%a4%a8

写真③

  • 三越伊勢丹では、首都圏の伊勢丹店舗で2007年より、首都圏の三越店舗では2014年より「ピンクリボンキャンペーン」を実施しています。さらに2016年から活動をグループ全体に拡大、毎年乳がん月間である10月に「ピンクリボンキャンペーン」を実施。早期発見・治療を呼びかける店内放送や店頭でのリーフレットのお渡し、また「ピンクリボンバッジ」などによる寄付活動を通じて、活動当初よりご協力いただいている「認定NPO法人乳房健康研究会」をはじめ、各地域の活動団体と乳がんの早期発見、早期治療の啓発活動を進めています。

  • 募金の様子 募金の様子

皆さまのご協力の結果、2017年度の寄付金額は、合計3,309,192円(20店舗)となりました。 この寄付金は、店舗の所在地域で活動する各団体へ寄付され、乳がんの早期発見に向けたさまざまな啓発活動に役立てられます。

●地元商店街とのコラボレーション

高松三越と高松丸亀町一番街前三町ドームがピンクにライトアップされました。

  • 高松三越と高松丸亀町一番街前三町ドームがピンクにライトアップされました
  • 高松三越と高松丸亀町一番街前三町ドームがピンクにライトアップされました
●従業員の声

「ピンクリボン・キャンペーン」でマ・ランジェリーでもお客さまのお役に立てることがないかと考えていたとき、乳がんを患ったお客さまから一通のお手紙と、お客さまのマ・ランジェリーでの体験をもとにした小説※1が送られてきました。お手紙の内容はあるコンシェルジュへ出会えたことで、乳がんを患って落ち込んでいた人生から、大きく変わったという感謝の内容です。これをきっかけに、より多くのお客さまが健康で美しくいられるように、少しでも気付きにつながればと、メンバー心を一つにわかりやすい自己検診の展示や、ワコール様のフィッティングキャンペーン※2に取組みました。

  • 伊勢丹新宿本店マ・ランジェリーSMの宮本 愛子さん伊勢丹新宿本店マ・ランジェリーSMの宮本 愛子さん
  • ※1 お客さまご自身も多くの方にお読みいただきたいとのことなので、ここにその小説を添付いたします。
    こちらからご覧いただけますPDF新しいウィンドウで開く

    ※2 <ワコール>のブラジャーを1枚ご試着ごとに10円を、お客さまに代わってワコールから公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付。

  • お客さまから送られた小説_冬のイルミネーションNS お客さまから送られた小説_冬のイルミネーションNS
●各地域の取組み団体と寄付金額 ※店内放送、ポスターによる啓発活動と寄付活動を実施
店舗 寄付先
三越伊勢丹(9店舗)
函館丸井今井、仙台三越、
静岡伊勢丹、新潟伊勢丹、新潟三越
認定NPO法人乳房健康研究会
高松三越 ピンクリボンかがわ県協議会
松山三越 ピンクリボンえひめ
岩田屋本店、福岡三越、岩田屋久留米店 認定NPO法人 ハッピーマンマ
●各地域の取組み団体 ※店内放送、リーフレットのお渡しなどによる啓発活動を実施
店舗 取組み団体
札幌丸井今井、札幌三越 ピンクリボン in SAPPORO
(7月乳がん啓発イベントへ50,000円を寄付)
名古屋三越栄店、名古屋三越星ヶ丘店 名古屋ピンクリボンフェスタ実行委員会
ジェイアール京都伊勢丹 ピンクリボン京都実行委員会
広島三越 認定NPO法人乳がん患者友の会きらら
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

三越伊勢丹×文化服装学院 産学共同の取組み

Theme thumb  %e6%96%87%e5%8c%96%e6%9c%8d%e8%a3%85%e5%ad%a6%e9%99%a2

文化服装学院外観

Theme thumb  %e5%93%81%e7%89%a9%e3%81%8a%e6%b8%a1%e3%81%97

接客ロールプレイ研修

Theme thumb  %e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%99%ba%e8%a1%a8

グループワーク発表の様子

三越伊勢丹グループと文化服装学院による産学共同の取組みとして、文化服装学院ファッション流通科2年「ショップスタイリストコース」のコラボレーション講座が2016年からスタートしました。販売・接客の仕事の魅力を高め、将来の日本のファッションビジネス全体の発展を目指すとともに、2020年に向け、日本のもてなしの心を世界に発信し、ファッション分野、小売業界全体の活性化につなげていきます。

  • 文化服装学院外観文化服装学院外観
  • 接客ロールプレイ研修接客ロールプレイ研修

このカリキュラムは、「社会人の知識としても役立てられる基本的なマナーや所作を学びながら、おもてなしの心を身につける」とともに、「三越伊勢丹の販売や接客の仕事を理解し、ファッション業界で働く即戦力となる人材」を目指すことを目的としています。
2017年度は、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズのインストラクターによる接客の基礎やラッピング、覆面調査研修に加え、現役バイヤーによる最新情報のレクチャー、三越伊勢丹で活躍している文化服装学院の卒業生の皆さんによるパネルディスカッションなどを特別講座として実施しました。

  • グループワーク発表の様子グループワーク発表の様子
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

職業体験を通じた次世代育成

Theme thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%a9%8b3%e6%8c%a8%e6%8b%b6%e7%b7%b4%e7%bf%92

①緊張した表情で挨拶練習

Theme thumb %e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%a9%8b14%e4%bf%ae%e4%ba%86%e6%9b%b8

③ライオン像の横で修了証授与

Theme thumb %e6%b5%a6%e5%92%8c%e5%86%99%e7%9c%9f%e9%a4%a8%e4%bd%93%e9%a8%93

⑤写真館で撮影体験。この中からカメラマンが生まれるかもしれません

Theme thumb %e6%9d%be%e5%b1%b1%ef%bd%bc%ef%be%9e%ef%bd%ae%ef%bd%b1%ef%be%9d%e5%ad%90%e4%be%9b%e5%ba%97%e9%95%b7 %e5%9c%b0%e9%9a%8e%e9%a3%9f%e5%93%81%e9%a4%a8

⑦パンのジョアンで店長体験

少子化が進む日本では、次世代を担う子どもたちの育成がますます重要になっています。 三越伊勢丹グループでは、各店舗においてお子様たちの健全な育成を願い、職業体験を通じて社会の仕組みに触れていただく「お仕事体験」を行っています。ご挨拶のレッスンは丁寧な言葉遣い、もてなしの心の学びにつながり、保護者様からも好評をいただいています。

●三越日本橋本店
  • 緊張した表情で挨拶練習緊張した表情で挨拶練習
  • お惣菜作りお惣菜作り
  • ライオン像の横で修了証授与ライオン像の横で修了証授与
●伊勢丹浦和店
  • バックヤードツアー。初めて見るデパートの裏側バックヤードツアー。初めて見るデパートの裏側
  • 写真館で撮影体験。この中からカメラマンが生まれるかもしれません写真館で撮影体験。この中からカメラマンが生まれるかもしれません
  • かわいいプードルのトリミングかわいいプードルのトリミング
●松山三越
  • パンのジョアンで店長体験パンのジョアンで店長体験
●名古屋三越
  • レポートのコメントを確認中レポートのコメントを確認中
  • 本物のクルーを前にレポートしています本物のクルーを前にレポートしています
  • 東海テレビ森アナウンサーからアナウンス指導東海テレビ森アナウンサーからアナウンス指導
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

日本女子サッカーリーグを応援

「活躍する女性を応援する」企業風土を有する当社は、2016年度より日本女子サッカーリーグの「頑張る女性を元気づけ応援する」「次世代の育成を支援する」という姿勢に共感し、オフィシャルスポンサーとして活動を支援しています。

  • 2017シーズン開幕記者会見での選手の皆さん2017シーズン開幕記者会見での選手の皆さん
  • お惣菜作り
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

チャリティ・寄付一覧

●2017年度 チャリティ・寄付一覧
期間 タイトル 金額
(千円)
累計
(千円)
実施
店舗
寄付先
2017年 8月 日本百貨店協会「東北と熊本へ、応援の輪をつなげよう。」百貨店オリジナル miffyのチャリティグッズ限定販売 3,607   グループ
店舗
百貨店協会経由、東日本大震災、および熊本地震の被災地の岩手県、宮城県、福島県、熊本県へ寄付。また2017年7月の九州北部豪雨をうけて福岡県共同募金会を寄付先に追加。
2017年10月 ピンクリボンキャンペーン(2007年~)12回目 3,309 32,846 三越伊勢丹首都圏店舗9店舗・函館丸井今井・新潟三越伊勢丹・仙台三越・静岡伊勢丹・高松三越・松山三越・岩田屋三越 認定NPO法人「乳房健康研究会」、「ピンクリボンかがわ県協議会」、「ピンクリボンえひめ」、認定NPO法人「ハッピーマンマ」
2018年 3月 東日本復興支援 「どんぐりバッヂ」チャリティ(2014年~)5回目 5,598 34,283 グループ店舗 公益財団法人「鎮守の森のプロジェクト」
年間 動物保護 アクセサリー販売(2014年~) 2,054 9,934 グループ
店舗
一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」
年間 エムアイカード
1ポイント=1円としてお客さまから寄附。(2016年~)
1,867 2,895 エムアイカードホームページ 東京国立博物館、京都国立博物館、国立科学博物館、鎮守の森プロジェクト
年間 エムアイ友の会
社会貢献活動にご賛同いただいた会員さまからの寄付(2013年~)
2,217 20,816 グループ店舗友の会カウンター NPO法人「グリーンサンタ基金」
チャリティ合計 18,652 100,774    
【東日本復興支援】店頭募金
(2011年~)
1,691 76,921 グループ店舗 日本赤十字社
【熊本地震】店頭募金(2014年~) 3,248 14,548 グループ店舗 日本赤十字社
【九州北部豪雨】店頭募金(2016年~) 1,101   グループ店舗 日本赤十字社
2017年度 店頭募金合計 6,040 91,469  
2017年度 チャリティ・店頭募金 合計 24,692 192,243  
●2017年度 海外店寄付金
海外店(金額) 金額(千円 2017,12レート円換算)
シンガポール伊勢丹 (443,500シンガポールドル) 35,932
米国三越 (3,000アメリカドル) 318
ローマ三越(1,000ユーロ) 130
2017年度 海外店寄付金合計 36,380
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV