Logo

コミュニティへの参画及び発展 コミュニティへの参画

被災地支援

被災地支援

東日本大震災の発生から7年を経た今もなお、被災地では多くの課題を抱えています。三越伊勢丹グループは、被災地が本当の意味で復興を遂げるためには、一過性ではない継続的な支援を行うとともに、震災の悲劇を風化させることのないよう、被災地における活動を全国に発信し続けることが大切だと考えています。
こうした考えのもと、被災地の方々や、支援活動を続ける団体などとの連携を大切にしながら、さまざまな取組みを続けています。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

東北復興支援「鎮守の森のプロジェクト」植樹活動

2017年5月29日、三越伊勢丹グループは「鎮守の森のプロジェクト」様のご協力のもと、宮城県岩沼市で植樹活動を行いました。このプロジェクトは、東日本大震災の大津波によって被害を受けた南北約300kmにわたる海岸沿いに、土地由来の広葉樹を植樹することで津波や火災などの被害を低減し、多くの生き物の命を守る「緑の森の防潮堤」を築くことを目的としています。

  • 苗木を水につけ植樹の準備苗木を水につけ植樹の準備
  • 藁敷きと縄かけで植えた苗木を固定藁敷きと縄かけで植えた苗木を固定

植樹参加メンバー

植樹参加メンバー

三越伊勢丹グループは2013年秋より本プロジェクトに参画。当日は、当社会長をはじめ、三越伊勢丹グループの全スタイリスト(販売員)から選ばれた優秀スタイリスト「エバーグリーン2017」のメンバーと、仙台三越や本社スタッフ含め総勢90人が参加。936本の苗木を植えつけ、これまでの植樹本数は2,776本となりました。
当社グループは、今後も被災地復興に向けた社会貢献活動に継続して取り組んでまいります。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV, 三越伊勢丹HD 総務部広報株式DIV, 三越伊勢丹HD 総務部コンプライアンスDIV, 三越伊勢丹HD 秘書室, 三越伊勢丹HD 監査役室, 三越伊勢丹HD 人事部人事企画DIV, 三越伊勢丹HD 人事部人事DIV, 三越伊勢丹HD 人事部労務DIV, 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ 人財開発事業部

東日本復興支援どんぐりバッヂチャリティ

Theme thumb  %e4%bc%8a%e5%8b%a2%e4%b8%b9%e6%96%b0%e5%ae%bf

伊勢丹新宿店での販売の様子

Theme thumb  %e4%b8%89%e8%b6%8a%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%a9%8b

三越日本橋本店での販売の様子

Theme thumb  %e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

チェブラーシカのデザイン(計3種)をバッヂとキーホルダーデザインでご紹介しました

Theme thumb  %e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%90%e3%82%8a%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%82%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

どんぐりバッヂ加工の様子

三越伊勢丹グループでは、2011年3月11日の東日本大震災から7年目の日を迎えるに際し、昨年に引き続き「東日本復興支援どんぐりバッヂチャリティ」を2018年3月1日から全国の三越伊勢丹グループ計108店舗にて実施いたしました。

  • 伊勢丹新宿店での販売の様子伊勢丹新宿店での販売の様子
  • 三越日本橋本店での販売の様子三越日本橋本店での販売の様子
  • 「どんぐりバッヂチャリティ」は三越伊勢丹グループの各店にご来店のお客さまに、チャリティ参加の印にどんぐりバッヂをご購入頂き、利益金を「 鎮守の森のプロジェクト新しいウィンドウで開く」に全額寄付し被災地の森づくりに役立てられる活動です。

「鎮守の森のプロジェクト」はどんぐりから育てた苗を高さ5m前後に作った丘に植え、被災地沿岸部に20年かけて防災の森を作っていく計画です。
約20年で高さ約20m地中深くまで根を張る緑の壁となり「いのちを守る森の防波堤」となります。
5回目となる今回は、どの世代からも愛される可愛さをもつ「チェブラーシカ」がチャリティのアイコンになりました。

チェブラーシカデザイン

チェブラーシカデザイン

今回の「どんぐりバッヂ」も東日本大震災の津波により塩害などの被害にあった宮城県内の杉の木を使用しました。
すべてを南三陸町の地元の人々の手で加工することで、被災地の雇用機会にもつながっています。

  • 加工の様子加工の様子

皆さまのあたたかいご協力のもと、グループ店舗全体で47,441個にものぼるバッヂをご購入いただき、その利益分である 5,598,038円を、「公益財団法人 鎮守の森のプロジェクト」へ寄付をいたしました。
この寄付金は、被災した岩手県から福島県までの沿岸部に「災害からいのちを守る森の防潮堤」をつくる活動に役立てられており、三越伊勢丹グループの「エバーグリーン」のメンバーらがボランティアの方々とともに、その苗となる植樹活動に参加しています。

「エバーグリーン」とは三越伊勢丹グループのスタイリストの中から毎年選出・表彰される優秀スタイリスト(販売員)のことで、いつまでも枯れることのない常緑樹にたとえています。
今回の「どんぐりバッヂチャリティ特設サイト」は 矢印こちら 新しいウィンドウで開くからご覧いただけます。
チャリティ会期は終了しています。
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

全国百貨店復興アクションへの参画

Theme thumb miffy a4pop tate ol

各地の伝統あるお祭りをモチーフにしたミッフィーのフィギュア

2017年8月、三越伊勢丹グループ各店舗では、日本百貨店協会が取り組む東日本大震災と熊本地震の被災地への復興支援チャリティに協力しました。

各地の伝統あるお祭りをモチーフにしたミッフィーのフィギュア

各地の伝統あるお祭りをモチーフにしたミッフィーのフィギュア

チャリティでは「miffy手をつなごうフィギュア」を限定販売。皆さまのご協力の結果、当グループの寄付金額3,607,600円となりました。こちらは、日本百貨店協会を通じて、宮城県「東日本大震災みやぎこども育英募金」、福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、岩手県「いわて学び希望基金」、熊本県「熊本地震義援金」 に寄付されました。

株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV

三越伊勢丹グループでの店頭義援金募金の御礼とご報告

被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
また、三越伊勢丹グループの店頭義援金募金にご協力いただきました皆さまに、御礼申し上げます。

「平成30年7月豪雨災害」募金の御礼とご報告について
 1)店頭募金   寄付実施日 2018年9月28日(金)
              寄付総額   3,498,668円
 2) 寄付先    日本赤十字社
  •  くわしくは こちら新しいウィンドウで開くをご覧ください
2017年度の店頭募金活動についての御礼とお知らせ

1.熊本地震災害義援金募金(2017年4月から2018年3月まで)

 1)店頭募金額  寄付総額  3,248,271円
   (2016年からの累計金額は、14,548,763円です)
 2)寄付先    日本赤十字社

 

2.東日本大震災義援金募金(2017年4月から2018年3月まで)

 1)店頭募金   寄付総額  1,691,082円
   (2011年からの累計金額は76,921,268円です)
 2)寄付先    日本赤十字社

 

3.2018「どんぐりバッヂ」チャリティキャンペーン(2018年3月)

 1)バッチ販売による収益金 寄付総額 5,598,038円
 2)寄付先    公益財団法人 鎮守の森のプロジェクト

  •  くわしくは こちら新しいウィンドウで開くをご覧ください
株式会社ディ・エフ・エフ, 三越伊勢丹HD 総務部総務法務DIV