Logo

環境 環境

サプライチェーンの取組み

サプライチェーンの取り組み

三越伊勢丹グループは2018年5月に、 調達方針 を策定しました。今後もお取組先とともにサプライチェーンの取り組みを進めます。

Contents

三越伊勢丹HD

調達方針

調達方針は  こちらをご覧ください。

三越伊勢丹HD

化学物質への対応

三越伊勢丹グループ百貨店各店舗では、「三越伊勢丹グループ品質管理基準」に基づいたチェック及び管理を行うことで、商品や店舗環境の「安全・安心」につなげています。

(1)「ホルムアルデヒド」への対応

「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」で規制されている「ホルムアルデヒド」について、特にベビー用品売場における管理が重要です。三越伊勢丹グループでは、<商品><販売><環境>面からの管理を適正に実施することで、ベビー用品の有害物質に対する安全性を確保し、常にお客さまへ安全・安心な商品の提供を維持しています。
① 当社の直輸入及びプライベートブランドのベビー用繊維製品(法規制対象品)は、全品番全色のホルムアルデヒド検査を行い、規制値以下であることを確認しています。
② ベビー用品売場で販売しているベビー用繊維製品の中から、任意に年間約50商品の「ホルムアルデヒド検査証明書」をお取組先と相互確認する抜き取り調査を実施し、基準が遵守された商品であることを確認しています。
③ベビー用品売場で使用している棚・什器は、社内マニュアルに基づき年1回ホルムアルデヒド環境検査を実施し、ベビー用品へホルムアルデヒド汚染が無い環境の維持・管理を行っています。

「ホルムアルデヒド」対応

(マニュアル抜粋)

(2)「特定芳香族アミンを容易に生成するアゾ染料」への対応

「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」で規制されている「特定芳香族アミンを容易に生成するアゾ染料」の規制対象品に加え、「三越伊勢丹グループ品質管理基準」では和装や座布団なども対象品として追加指定しています。この内容に添って、2016年4月より、各お取組先から「有害物質不使用宣言書」をご提出いただいています。(該当商品を取り扱っていない場合は「対象製品の取り扱いに関する証明書」を受領します。)

※該当商品
■法規制対象商品
<繊維製品>
おしめ、おしめカバー、下着、寝衣、手袋、靴下、中衣、外衣、帽子、寝具、床敷物、テーブル掛け、えり飾り、ハンカチーフならびにタオル、バスマットおよび関連製品
<革製品(毛皮製品を含む)>
下着、手袋、中衣、外衣、帽子および床敷物

■三越伊勢丹グループ品質管理基準対象品
<繊維製品>
和服(帯を除く)、足袋、和装用身の回り品(半襟、裾除け)、こたつふとん、座布団、クッション、いすカバー、座布団カバー

  • 安全・安心への取り組みは  こちらをご覧ください。
三越伊勢丹HD

合法木材の使用

Theme thumb fsc

FSC認証

Theme thumb milounge 010

写真2 伊勢丹新宿本店のエムアイラウンジ

Theme thumb dscf9236

写真3 制作中の様子

  • ㈱三越伊勢丹プロパティ・デザインでは、FSC®(Forest Stewardship Council® :森林管理協議会)の認証を受けた木材の使用を推進し、家具・什器を製作・販売しています。

  • FSCマークFSC®マーク
  • 三越日本橋本店(店内インフォメーション用のカウンター)三越日本橋本店(店内インフォメーション用のカウンター)
  • 伊勢丹新宿本店のエムアイラウンジのソファー伊勢丹新宿本店のエムアイラウンジのソファー
 
  • また、2019年8月に同社はクリーンウッド法(※)の登録事業者になりました。
    ほかの木材と混在しないよう、工場内にサインを設置しています

    ※クリーンウッド法とは…「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(2017年5月施行)の略称。
    同法は、我が国又は原産国の法令に適合して伐採された樹木を材料とする木材・その製品の流通及び利用を促進することを目的として、対象となる木材等や木材関連事業者の範囲、登録制度等を定めるとともに、木材関連事業者や国が取り組むべき措置について定めています。

  • 制作中の様子制作中の様子
三越伊勢丹HD